医療脱毛したのに再び脇のムダ毛が生えてきた

中学生のころからワキ毛には悩んでいて、学生時代には毛抜きで抜いて処理をしていました。
しかし夏場は汗をかき雑菌も繁殖するため少しでもワキの肌を傷つけるとトラブルを起こすので困っていました。

埋没した毛を抜こうと毛抜きで引っかいてしまうとそこが傷になり真っ赤になりました。
ひどいときには傷口にバイ菌が入り、ワキのリンパが5センチくらい腫れ上がりました。
リンパがはれたときにはガンかと思って家族で心配したのですが、医師にワキ毛の処理が原因だと推測され恥ずかしかった思い出があります。

自己処理のせいでワキの肌も色素も濃くなってきたように感じ、20歳を超えてからはカミソリだけで処理することに決めました。
しかしカミソリだと剃った当日はきれいでも次の日には毛が目立ち不快でした。

ノースリーブやキャミを着てしまうと電車の中でつり革につかまることもできず、ドアの近くで必死にバランスを取っていました。
就職した22歳のときにこのままではいけないと思い、医療脱毛でワキ毛だけは処理することにしました。

私が通ったのはその都度支払うタイプの医療脱毛で、最初のカウンセリングのときに毛が多くないので5回くらいで完了できそうだと言ってもらえました。

1~2ヶ月に1回通い、3回終わったところでかなりワキ毛が薄くなったという実感がありました。その後ワキ毛にとどめを刺す気持ちであと3回通い、自分の中ではワキ毛との戦いは終わったつもりでした。

ワキ毛が生えてこなくなると本当に快適でなんでもっと早くしなかったのか後悔したほどでした。自己処理が必要ないので肌を傷つけることもなくなり、いつでもノースリーブを着ることができます。

この状態にも5年以上たつと慣れてしまいワキ毛の存在すら忘れるようになっていました。
そしてワキ毛のことはすっかり忘れたまま30歳のときに結婚しました。

しかし・・・新婚のときに夫と温泉旅行に行ったのですが、貸切の露天風呂の中で伸びをすると夫が私のワキをじっと見ていました。
自分でも見てみると右ワキから3センチくらいの太いワキ毛が1本元気よく生えていました。

まったくのノーマークだったのでビックリしたのと恥ずかしさで声を失いました。
ずっと油断していて自分のワキなんてチェックしていなかったので、いつから生えていたのかも分りませんでした。
それからもときどき1本太い毛が生えてくるのでビクビクしています。

しかしこの1本のためにまた医療脱毛するのもバカバカしく、家庭用脱毛器を買おうか今でも悩んでいます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ